診察について

乳がんの診察・検診の流れ

乳がん検診受付画像

乳がんだと疑われる症状が現れた場合や乳がんの早期発見を願う場合には病院で検診を受けてみましょう。
まずは診察です。診察については風邪や腹痛などと同様に問診表に必要事項を記入し、それを元に医師が問診を行います。

ただ、より詳しい検査を行うために検査着に着替えるところが多いようです。食事制限などをしなくても検診を受けることができるので、その点では他のがん検診などを比べるととても楽かもしれません。

問診の後は医師が視触診を行います。胸に触れて乳がんになるとできると言われているしこりや、乳頭からの分泌物がないかをチェックするのです。

その後「マンモグラフィー」と呼ばれる検診を受けます。その後検査結果について医師から説明があり、問題があれば更なる精密な検査が行われます。

マンモグラフィー検診とは

マンモグラフィー検診とは、X線を使用して乳房を撮影する検診方法です。

乳がん検診

超音波検診とは、超音波検診とは超音波を利用し乳がんを黒く映し出して発見をするという検査方法です。

エコー検査とも言われ、マンモグラフィーで診察しにくいと言われている乳腺の密度がまだ濃い若い女性でも乳がんを発見できる可能性があるとされています。

また、マンモグラフィーは乳房を専用の板に挟まなければなりませんが、胸の小さい人が多い日本人ではそれが困難なケースもあるため、そういった人は超音波による検診の方が発見に繋がりやすいでしょう。

マンモグラフィー検診のようにX線による被曝もないので、妊娠している女性でも安心して受けることができるというメリットもあります。

乳がんの診察については病院や医師、患者の希望によって少しずつ異なってきますから、予備知識を普段から蓄えておくようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ