治療方法

外科的手術

多くの人に認識されている乳がんの治療方法は外科的な手術でしょう。

乳房にメスを入れるこの方法ですが、これは女性にとって精神的ダメージが大きいとされ、最近では早期発見であればこの治療方法を積極的に選択することは避けられるようになってきました。

外科的手術は、しこりを取り除くことを目的とし、乳房の大きさや形は出来る限り残す「乳房温存手術」と、乳房を残しておくことができない状態にまで乳がんが進行しているため、その乳房を全て取り除く「乳房切除手術」に大別されます。

ただ、乳房切除手術後には患者さんの希望があれば、「乳房再建手術」を行い、他人が少し目にしただけではわからないくらいにまで元の状態に近づけることができる医師もいるようです。


薬物療法

手術を必要としないほど初期の段階、もしくは手術後の治療として行われる薬物療法にはホルモン療法、抗がん剤治療などが用いられます。

乳がんは女性ホルモン(エストロゲン)によってがん細胞が異常増殖ししこりと呼ばれる塊になりますが、ホルモン療法によってこのエストロゲンの分泌量を抑えることで、がんの進行をストップさせていきます。
閉経前か後で用いられる薬の種類が異なるのが一般的です。

抗がん剤は文字通りガンに対抗するための薬で、ある一定の効果は認められますが、しかし健康な細胞にも作用してしまうので副作用を避けるのは難しいでしょう。

薬物療法には他にも「分子標的治療」と呼ばれる、分子レベルでがん細胞を抑制することで効果を発揮する治療方法が存在しています。


放射線療法

放射線療法は放射線量などを調整し、健康な細胞を傷つけず、がん細胞にだけ作用させ治療していく方法です。

この治療方法は単独で行われることはあまりなく、乳房温存手術、または乳房切除手術を行った後にがんが再発しないよう、あるいはがん細胞が万が一残ってしまっている場合にそれを消滅させる役割として行われるのが一般的です。

また、症状がかなり進行しこのままでは手術をするのが困難であるという場合にも放射線療法によってがん細胞を抑えることが行われますし、再発や転移してしまった場合にも用いられます。

外科的手術と併用することで大きなチカラを発揮することがわかっている、現代の乳がん治療には欠かせない存在なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ