原因

乳がんと女性ホルモン

乳がんは女性特有の病気と言ってもいいでしょう。
その理由として女性ホルモンとの因果関係が言われています。

女性ホルモンの中でも「エストロゲン」が強い影響を持っており、これの分泌が過剰になると乳がんになりやすいと言われているのです。

エストロゲンを作り出す卵巣を何らかの理由で摘出した女性は乳がんになりにくく、このことからもこの女性ホルモンが大きく関係していることは明らか。

それだけが原因であるとは言えませんが、乳がん患者の数が増えてきたことを考えると、現代の女性はエストロゲンの分泌量(期間と言ってもいいかもしれません)が、昔と比べると多くなってきたことも要因として考えておくべきでしょう。


乳がんと生活の変化

欧米の女性が日本の女性よりも乳がんになる確率が高いのは、月経が始まる年齢が早く、そして終わる年齢が遅いからだと言われています。

月経期間にはエストロゲンの分泌が多くなり濃度が高くなることが関係しているのですが、日本人女性も近年では食生活などが欧米化したことで早熟となり、月経が始まる年齢がどんどん下がってきていることが指摘されています。

また、働く女性が多くなったことで生涯の出産回数が昔と比較し減ったことも乳がん患者が多くなってきている理由でしょう。

妊娠中は月経が訪れませんからエストロゲンも作られません。
よって出産回数の多かった昔の人は乳がんになる確率が極めて低かったと考えられているのです。


乳がんのリスク要因

これらのことから乳がんのリスク要因は食の欧米化、そして出産経験の少なさ、さらには初経の年齢が若いことが挙げられるでしょう。

閉経の年齢が高いことも当然乳がんの原因のひとつになると考えられます。
食の欧米化とは特に高脂肪の食事のことを指します。
それによってカロリー摂取量も増加しますが、これも乳がんの原因となり得るでしょう。

生活習慣病になる可能性があると言われている生活スタイル、例えば喫煙や過度の飲酒、不規則だったり不十分な睡眠も乳がんのリスクを高めます。

最初の子供を出産した後に母乳を出さないことも、まだ研究段階で確定とまでは言えませんが、乳がんの原因となっているのではないかと言われており、また、ホルモン療法を何らかの理由で受けている人もエストロゲンの増加を促し乳がんになりやすくなるのでは、と考えられているそうです。

このページの先頭へ