予防方法

食生活による乳がん予防

乳がんには遺伝的なものと生活習慣によるものがあると言われています。
遺伝的な乳がんの予防方法としては乳房切除や薬物療法などが有効でしょう。
生活習慣としては食生活を見直すことで乳がん予防になると考えられています。
まずは高脂肪の食事を控えることです。

欧米の食事は乳がん原因の最たるものと言われているので、和食中心で脂肪やカロリー控え目の食事を意識することでリスク軽減に寄与するでしょう。

若い時の体重が低いと乳がん発症率が高いと言われているので、高脂肪がダメだとはいえ、10代や20代で過度がダイエットをするのは控えてください。
適切な体重を保つことが求められます。

しかし閉経後に関しては体重が重過ぎると乳がんになりやすいことがわかっているので、高齢者で肥満だと感じる方はダイエットをし体重を落とすことを考えた方がいいでしょう。


生活習慣による乳がん予防

運動をすると乳がんの発症確率が下がるというデータがあります。週に3日くらい、適度な運動を行うことで将来乳がんになることを抑えられるかもしれません。

また、仕事をしている女性で夜勤が主になる、あるいは日勤と夜勤を繰り返し不規則な働き方になる場合には注意が必要です。
乳がんのリスクを軽減したいのであれば昼間働いて夜眠るという、規則正しい生活をする必要があるでしょう。

ストレスと乳がんの関係についてはまだ研究段階で、立証するほどの結論には至っていません。
一部調査ではストレスを多く感じる人の方が2倍ほど乳がんになりやすいとの結果も出たようですが、信憑性には欠けるでしょう。

ただ、ストレスはあらゆる病気の根源となりうるので、ストレス軽減は立派な予防方法と捉えられることは間違いありません。


マッサージによる乳がん予防

胸を、マッサージすることで、乳がんを予防ができるとうデータがあります。
アメリカのカルフォルニア州にある、カルフォルニア大学のガウサム・ヴェニューゴパラン先生のチームが、マッサージで乳がんの予防する方法を発見しています。

実験結果では、物理的圧力を細胞に加えることによって「がん」の増える作用を抑えることができるようになるという事です。

また、リンパマッサージように、胸のマッサージは乳がんの予防や早期発見にもつながることでしょう。


その他の乳がんの予防方法

今のところ、喫煙と飲酒は乳がん発症率を高める可能性があると言われています。
これはあらゆる研究でほぼ間違いないと結論づけられていますから、タバコをやめる、お酒の量を控えることは乳がんの予防方法としては非常に有効でしょう。

タバコは受動喫煙でも乳がんリスクを高めます。タバコの煙が充満している場所には出入りしない、近づかないことも乳がんの予防に繋がるはずです。
大豆食品が乳がんを予防するのではないかという話がありますが、これもまだ研究の段階。

ただ、みそ汁をよく飲む人は飲まない人よりも乳がんの発症率に関しては下がるという研究データが出てきています。
塩分の過剰摂取には注意したいですが、大豆食品は一定の予防効果があると考えられるのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ