乳房の形

乳房再建手術について

乳がんの手術では時に乳房を全て切除しなければならないケースがあります。
仮に温存する手術であったとしても元の状態をそのまま残すのは難しいこともあるでしょう。

そんな時に、術後の精神的不安を軽くするために行われるのが乳房再建手術です。

これには自分の皮膚や筋肉を胸以外の部位から持ってきて乳房の形にする手術方法と、シリコンの入った袋を胸に入れ込み、もう片方の胸の大きさに合わせるという手術方法があります。

また、この両方の方法を合わせた再建手術が行われることもあるでしょう。

乳房再建手術は乳がんの摘出時に一緒に行う「一期的再建手術」と、乳がん治療を行ってからしばらく様子を見て問題が無いとわかった時点、もしくは患者さんがやはり乳房再建手術を受けたいと感じた時に行う「二期的再建手術」に分けられます。

注意点としては、人、もしくは病状によって乳房再建手術が不適切なケースがあるということ。
医師と話し合った上で慎重に決める必要があるでしょう。


皮膚移植による乳房再建

自分の皮膚や筋肉などを活用して行う乳房再建手術では、ただ胸の部分に必要な組織を持ってきただけでは機能しません。
血液が流れなければ壊死してしまうので、組織を所定の場所に移した後に血管などを繋ぎ合わせる手術が行われます。

通常は、自分のお腹か背中の筋肉や脂肪、皮膚などを移植しますが、そのためにそのお腹や背中にも多少の手術跡が残ることは覚悟しておかなければならないでしょう。

また、この自分の身体を使って乳房再建を図る手術を「自家筋皮弁移植」といい、さらにお腹部分を「腹直筋筋皮弁」、背中部分を「広背筋筋皮弁」といいます。


補正グッズの着用

乳房再建手術を受けることで自分の乳房が復活する感覚を手に入れることができるでしょう。
これは、女性にとって非常に大きな喜びですが、ケースによってはそれが不可能な場合もあります。

症状や経済的なこと、あるいは不安などがその主な要因と考えられますが、服を着た状態で乳房切除手術を受けたとは思わせないよう、乳房の形を整えるグッズがいくつもあるので、もし再建手術が不可能な場合にはこういったものを上手く利用するのもいいでしょう。

オーソドックスなものとしてはブラジャーの中にいれる専用のパッドがあります。
これを装着していれば見た目にはまずわかりません。

サイズだけではなく形もいろいろと用意されていますから、左右でキレイにバランスをとることも難しくないはずです。
パッドではなく胸に密着させるタイプの商品も存在しています。
つけ心地や身体への負担なども考慮して選んでみるといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ