乳がんの遺伝

乳がんは遺伝するのか

「がんは遺伝する」とはよく言われますが、乳がんはどうなのでしょうか。
乳がんは遺伝すると考えてもいいでしょう。

正確には乳がんになりやすい遺伝子が存在し、それが引き継がれた場合には乳がんになるリスクが高まる、というのが正しい解釈だと思います。

勘違いしてはいけないのは、家族に乳がんになった人がいたからといって必ず乳がんになるわけではありませんし、逆に、家族に乳がん経験者がいないから安心というわけでもありません。

遺伝性の乳がんになる女性は乳がん患者全体の10%以下だと言われているのです。
つまり、ほとんどの乳がん患者は遺伝性ではなく、生活習慣や生活環境によって発症していると考えられます。
ひとつの要因として遺伝がある、という程度で認識しておきましょう。


遺伝性乳がんである可能性が高い状況

乳がんになってしまった時、遺伝性の乳がんである可能性が考えられる、という状況が幾つかあります。
例えば乳がんを発症した年齢が若い場合や、男性が乳がんに侵された場合など。

また、遺伝性の乳がんは再発する可能性が高いと言われているので、これに当てはまる女性も乳がんの遺伝を考慮した方がいいでしょう。
同時に別の場所にがんが発症した場合にもそれが疑われます。

乳がんを発症した時、あるいは発症時期はずれていたとしても、卵巣がんや卵管がんなどを発症した女性はやはり遺伝性の乳がんが当てはまるケースが多いようです。

遺伝性である場合は当然家族にも同じような遺伝子を持った人がいるはず。
特に近い血縁関係を持つ人の中で複数人、乳がん患者がいる人で乳がんだと診断された場合には、遺伝性乳がんが疑われるでしょう。


乳がんの遺伝子が発見されたら

乳がんだと診断されたらその進行具合などに合わせて治療していくことになりますが、今は乳がん発症の前に乳がんになりやすい遺伝子を持っているかどうかを検査によって調べることも可能です。

家族が乳がんになった場合には同時に検査をしておいた方がいいかもしれません。
もし仮に乳がんに関連した遺伝子が発見された場合は、より早期に発見できるよう、定期的に検診を受け続けることが重要となってきます。

また、あるハリウッド女優が行ったことでも知られるようになりましたが、欧米では乳がんの遺伝子が発見された場合、その発症を事前に抑える目的で乳房切除手術を行うケースが増えてきているようです。

あるいは薬物療法により乳がんの原因となり得る女性ホルモンのエストロゲンの分泌を抑えることで、乳がんの発症リスクを軽減させる治療も行われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ