乳がんが見つかったら

現実を受け入れることから始めよう

乳がんだと医師から告げられると、例外無く落ち込んだ気分になるはずです。
しかしもし早期の発見であればそこまで悲観的になる必要はありません。

リスクが全くないわけではありませんが、現代医学では乳がんは治療しやすく完治しやすいがんと言われており、適切な治療を受けることで多くの患者さんが社会復帰を果たすことができるのです。

また、乳がんは他の部位にできるがんと比較しても進行が緩やかであり、治療する方法が見当たらないほど手遅れであるということは非常に稀。

まずは自分が乳がんであると受け入れ、そして治療に専念すること。全てはそこから始まります。
気持ちを強く持つことで前向きになり、より適切な判断ができるものです。それが早期の完治に繋がることは言うまでもないでしょう。


医師と信頼関係を築こう

乳がんが見つかったら医師と今後の方針について話し合いを行います。この時に大事なのが医師との信頼関係。医師も人間です。

患者さんが心を開き、治療に積極的に関わってくれないと、どう進めていいかの判断ができず悩むことになるでしょう。

患者さんは医師の言うことに耳を傾け、もし納得できなかったり理解できない部分があるのであれば質問をするなどして、お互いに信頼関係を築くことが求められます。

また、乳がんだと診断されたら自分でもある程度の情報を集めるようにしてください。乳がんには治療法がたくさん用意されており、その選択によって今後の経過にも影響が多々出てきます。

しかし医師によっては偏った知識しか持っておらず最新の治療法や、より患者の為になる治療法を提示してくれないこともあるのです。
患者側が知識を持っておくことで、ベストな治療法を見つけることができると考えておきましょう。


セカンドオピニオンについて

もし他にも適切な治療法があるのではないかと感じた時にはセカンドオピニオンを利用してみましょう。
これは他の専門医などに話を聞くことで、最新の治療や自分のライフスタイルに合った治療を見つけられる可能性を秘めています。

ただセカンドオピニオンには注意点もあります。ただ幅広い意見を聞きたい、ファーストオピニオンが正しいかどうかを確認したいという理由ではセカンドオピニオンを受ける意味はあまりありません。
もっと「何が知りたいのか」を明確にしておく必要があるでしょう。

また、セカンドオピニオンを受ける医師の選択にも気を付けてください。
より専門的な医師を選ばなければ例え受けても何も出てきません。

むやみに行うとそれこそ医師との信頼関係の構築には逆効果なので、あらゆる角度から考える必要があるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ